OEM化粧品が完成するまでの流れ

ヴェルシーナでは、商品の生産はもちろんのこと
パッケージ開発からマーケティングまで一貫してサポート

ヴェルシーナでは化粧品OEMの具体的な開発(試作~生産~アフター)において、シンプルで分かりやすく、スムーズな進行を心がけ、企業様が求める品質、機能性、価格に応えられるよう全面的にサポートします。

1.マーケティング・企画提案

「ヒット化粧品」を生み出すには価格面、機能面、品質面などあらゆる面で差別化を図る必要があり、さらに、商品特性と市場特性を高次元でマッチングさせなければなりません。 ヴェルシーナでは企画段階から、マーケティングプランを準備し、商品開発を行うサービスをご提供しています。

2.処方開発・サンプルレビュー

マーケティングやお客様希望内容から得た情報を基に、化粧品の処方開発を行います。様々な目的に合わせて使用感、機能性を改良し、合格サインをいただけるまで、サンプルの微調整を繰り返し行います。

3.安定性試験

開発された処方は、厳しい規格をクリアーしなければ市場に出ることが許されません。原料、容器、その他資材に至るまで一般細菌、真菌類に関する菌検査、経時試験(紫外線、高温状態での過酷/耐久試験等)を行う他、肌への刺激性試験を行い、一定の基準を満たして初めて商品化することが可能となります。

4.パッケージ開発

販売する上で必要となる、ネーミング、ロゴ、コピーやパッケージ開発をサポートします。 また、商品の流通に合わせて販促ツールの企画・提案も行います。

5.生産・量産

開発した化粧品は「調製→充填→包装→出荷」という流れで原則的に全て山梨工場で生産します。また原料をはじめ、容器、個箱、ラベル、送り用ダンボールなど、必要とされる全ての資材関係についても協力企業より手配させて頂きます。

6.アフターサポート

販売企業様からの情報を基に処方やパッケージを必要に応じてリニューアル。市場にマッチした商品をリアルタイムで導入できるよう、提供後も継続してサポート致します。

オリジナル化粧品をご検討中のお客様や商品リニューアルをご検討の方はこちらからお問い合わせ下さい

OEM化粧品の製造現場を実際に見ていただけませんか?